オーリスタットの効果と低GI値のオリーブの実

オーリスタットとは、肥満治療薬の一種になります。経口服用することによって腸内のリパーゼに作用して、腸管からの脂肪吸収を阻害する働きがあります。吸収されなかった脂肪は大便として排泄します。肥満治療に効果的な薬ですが、脂溶性ビタミンであるビタミンAやD、E、Kなどの吸収も阻害されてしまうため、肥満治療を行なう場合にはこのような薬を利用するのではなく、運動療法と食事療法によって肥満を改善していくことが推奨されています。
食事療法として効果的だとされているのが、低GI値の食材を使った減量です。GI値とは食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを測ったものですが、このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、脂肪になりにくくなります。
低GI値の低い食べ物として有名なのがパスタです。パスタに合わせるオリーブオイルも糖尿病食におすすめのオイルで、悪玉コレステロールだけを減らす効果があります。オリーブの実もその効果を期待することができ、動脈硬化の促進を防ぐなどの作用が期待できます。
オリーブの実を使ったレシピはさまざまなものがあり、刻んでシーフードや野菜と一緒に和えてサラダにしたり、焼いたチキンやシーフードのサイドメニューの箸休めとしても使うことができます。ヨーグルトに入れて食べれば腸内環境を良くするのに良く、オリーブオイルでニンニクと鷹の爪を炒めたものに入れてパスタに絡めるなどしても美味しいです。
積極的に摂りたいものですが、オリーブオイルなどと一緒に使う場合などは摂り過ぎには注意が必要です。
また、食事だけではなくウォーキングやジョギングなどの運動をきちんと行なうことによって減量することができます。

オーリスタットでダイエットに挑戦しましょう!オーリスタットは、肥満大国アメリカでは肥満治療に使用されるほど、効果が認められたお薬です。オーリスタットは食事の際の脂肪分を吸収せずに体外に排出させることができます。

ページの先頭へ戻る